読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すばらしい ひこうき ネズミのお話-2-

すばらしいひこうき(L'AVION MERVEILLEUX)

今日はこれ。前回と同じ  Heather S. Buchanan(ヘザー・シンクレア・ブキャナン)の作品です。やはり1985年のもの。

 

f:id:cenecio:20170220144553j:plain

前にも書きましたが、フランスで買ったイギリスの絵本です。

ネズミ好きの我が家は、ついつい手が伸びて買ってしまうんですね

つきあわせてすみません。

そして邦訳はちゃんとあるのです。日本に帰ると何でもあるので、びっくりします。

 表紙の絵が違いますけど。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YDKB72K2L.jpg

ジョージ・マウス はじめてのぼうけん– 2005/5
ヘザー・シンクレア ブキャナン (著),評論社

  

ネズミのロビンくんを紹介します。

両親と5匹の姉妹と木のうろに住んでいます。

いま(下の絵)は何を読んでいると思います?

新聞です。地球を一周するすごく速い飛行機のことが出ています。

そうそう、ちょうど自分も空を飛んで世界をめぐりたいな、と思っていたのでした。

f:id:cenecio:20170220144658j:plain

 

これはアトリエ。

ね、何をしようとしているかわかるでしょう。

ロビンは手仕事が大好き。発明家なんです。

必要なものを集めて、設計図を描いて。どこに?ってその黄色い葉っぱにですよ。

f:id:cenecio:20170220144756j:plain

 

お母さんが朝ごはんを作っています。

f:id:cenecio:20170220144857j:plain

 

何日もかかりましたが、すてきな飛行機ができあがりました。

あとはヘアピンのプロペラをつけるだけなんですが、これをどうやって回すかー

いいアイディアが浮かびません。

f:id:cenecio:20170220145009j:plain

 

気分転換にピクニックに行きましょう。

木の実を持って小川のほとりにやってきました。

小さな妹がふたり、楽し気に跳ねていますと、

突然大きな音が響きました。

f:id:cenecio:20170220145114j:plain

それは人間でした。おなじくピクニックに来ていたのです。

男の方はいびきをかいています。

足のところにガラスの広口瓶があって、赤いゴムが妹ネズミの頭にかかりました。

f:id:cenecio:20170410182951j:plain

二人は走って逃げて みんなのもとに帰りました。

その赤いゴムを見たロビンは はたと思いついたのです。

そしてアトリエへ走り出しました。

f:id:cenecio:20170410183110j:plain

 

ほら、赤いゴムで

プロペラのピンを回すのですよ。

f:id:cenecio:20170410184746j:plain

 

ロビンは飛行士の帽子をかぶり、

寒くないようにとお母さんが編んでくれた服を着て、

シートベルトを締めました。

お父さんネズミがプロペラをグルグルと、少なくとも50回は回してくれました。

 

いよいよその時がやってきました。

お父さんネズミはプロペラを放しました。

f:id:cenecio:20170220145234j:plain

冒険家の気分で空を飛び、かなりの距離をやってきました。

ところがだんだん速さが落ちてきて、ロビンの飛行機は木の太い枝に不時着陸しました。危なかったですが、けがはありませんよ。

再びプロペラを回して、素早く飛び乗り、家路につきました。

家族はみんな集まって、ロビンがよく見えるようにろうそくを灯し、ロビンの帰りを待っていました。

f:id:cenecio:20170220145418j:plain

 無事に着陸できました。

といってもそこは、お父さんネズミがくわを入れたばかりの菜園だったのですが。

でもお父さんはちっとも怒りませんでした。大切な息子の帰還が嬉しかったのです。

そしてロビンは、顔いっぱいに笑みを浮かべています。

悦びと誇らしさで溢れんばかりの。

飛行士にして探検家のネズミなんですもの。

おしまい

 

 

著者 ヘザー・シンクレア・ブキャナン

 

   http://www.georgeandmatildamouse.co.uk/assets/images/Heather.jpg

 

これまた愛らしいホームページをお持ちのブキャナンさん。

小さいころから絵を描くのが好き。8歳のときにハムスターを飼い始め、子どもをたくさん産むので増えました。するとお父さんが古いクローゼットを改造して、ハムスターのおうちを作ってくれました。ハムスター全員に名前をつけ、よく観察するようになり、スケッチを始めました。そしてハムスターが主人公の物語を編み出したというわけです。本はいまのところ12冊出ているそうです。

 

f:id:cenecio:20170406185100p:plain

Heather Buchanan : Meet Heather

http://www.georgeandmatildamouse.co.uk/assets/images/H_girl.jpg9歳のころのブキャナンさん

お話はここまで。