読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出久根育「あめふらし」Das Meerhäschen-下-  

前回のグリム童話 Das Meerhäschen-上-の続きです。

 

魚の腹の中に隠れたつもりの若者ですが、王女は12番目の窓からのぞき、とうとう見つけ出してしまいました。

テキストを読めますね。

f:id:cenecio:20160906145141j:plain

王女の頭、髪型というべきか、いつもシュールです。王女はこの国で絶対的権威だからどんな髪型もゆるされるのかな。

 

若者のチャンスはあと一回。

キツネのところに行きます。これが最後です。キツネにはアイディアがありました。

一緒にまほうの泉に行き、中に潜りました。キツネは、動物を商う市場の商人に化けました。

若者も水の中をくぐらされ、小さなあめふらしに変身させられました。

f:id:cenecio:20160906145514j:plain

 

商人に化けたキツネは町に出かけていき、この可愛らしい生き物を見世物にしました。たくさんの人が集まってきて、王女も見物にやってきました。王女はあめふらしが気に入り、買い取ることにしました。商人はすばやく若者に耳打ちしました。

「王女が窓のそばによったとき、いそいで彼女の髪の中にもぐりこむんですよ」

 

いよいよ王女が若者をさがす時が来ました。12番目の窓まできても見つからないので、王女は不安と腹立たしさでいっぱいになって、窓をたたきつけ、ガラスは粉々になってしまいました。

ふと髪に手をやると、あめふらしがそこにいるではありませんか。あめふらしをつかんで、ゆかになげつけ、

「わたしの見えないところにいっておしまい」

 

 若者は泉に飛び込み、もとの姿にもどりました。そしてお城にむかいました。

結婚式がとりおこなわれました。

王女は夫がみんな自分の才覚でやったものと思い、夫を自分より優れた者だと信じて疑いませんでした。

 

お話はここで終わり。

おまけに こんな絵がついています。

f:id:cenecio:20160906150644j:plain

 子どもたちがあめふらしをつついて遊んでいます。

 

挿絵を描いた人

Iku Dekune / 出久根育

f:id:cenecio:20160906151552p:plain出品作家1 A-L / handtohand311

1969年東京都生まれ。絵本作家、銅版画家。1992年 武蔵野美術大学油絵科・版画専攻卒業。主に子ども の本のイラストレーションを制作。1994年に自身作の 物語に絵をつけた最初の絵本『おふろ』(学習研究 社)が出版される。以後、多くの本の挿絵を描く。 2011年にはチェコの出版社による、カレル・ヤロミ ール・エルベンのおとぎ話集の挿絵を手がける。 2002年よりチェコ、プラハ在住。
主な受賞歴 2003年 グリム童話『あめふらし』(パロル舎)で、ブラ チスラバ国際絵本原画ビエンナーレ、グランプリ 2006年 『マーシャと白い鳥』(ミハエル・ブラートフ/ 作 偕成社)で、日本絵本賞大賞
展覧会歴(グループ展、個展) ギャラリー巷房(東京、銀座)にて、版画やタブロー の個展を定期的に開く。また、ドイツやチェコ各地に
おいても開催。 1998年ボローニャ国際絵本原画展に参加 2004年ボローニャ国際絵本原画展招待作家として、 ボローニャにて特別展と、この年のカタログの表紙絵 を描く
主な作品 『はるさんがきた』(越智典子/作 鈴木出版) 『ワニ』(梨木香歩/作 理論社) 『郵便配達マルコの長い旅』(天沼春樹/作 毎日 新聞社) 『わたしたちの帽子』(たかどのほうこ/作 フレーベ ル館)
『マーシャと白い鳥』 『おふとんのくにのこびとたち』(越智典子/作 偕成 社) 『十二の月たち』(ボジェナ・ニェムツォヴァー/再話 偕成社)

f:id:cenecio:20160906151917p:plain自画像

出久根育『おふとんのくにの こびとたち』原画展開催&インタビューです。 | メルヘンハウス

 

 出久根さんは今では世界的に活躍する有名な絵本作家ですが、ある人との出会いを抜きには語れません。それはスロヴァキアの絵本画家ドゥシャン・カーライです。この人のもとで学び、刺激を受けたことで出久根さんというアーティストが生まれたといってもいいでしょう。

こちら、ドゥシャン・カーライの代表作のひとつ、

不思議の国のアリスです。

f:id:cenecio:20160906113718p:plain

 

ドゥシャン・カーライは、40歳で国際アンデルセン賞画家賞を、当時のチェコスロヴァキア共和国で初めてもらいました。スロヴァキアの首都ブラチスラヴァの美術アカデミーで教えています。日本にも1990年代から何度も来ており、講座で指導したりして若い画家を育てています。

 

さて次回も出久根さんの作品です。

『あめふらし』は、木のパネルに油彩でしたが、今度はテンペラ技法で描いた絵本です。全く違う雰囲気で、一目見ただけでは同じ作家と気づかなかったほどです。

 

 

おまけ 

出久根さんマスキングテープ、人気です | 教文館ナルニア国

 

f:id:cenecio:20160906131434p:plain

f:id:cenecio:20160906131252p:plain

ほしいな♡

でも品切れらしい。