読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出久根育の「あめふらし」 Das Meerhäschen-上-

日本 ドイツ

一度見たら絶対に忘れられない絵。

ことばにならない強烈な印象を残します。しかもグリム童話? えっ、あめふらし?

 絵を描いているのは 出久根育(でくね いく)さんという、プラハ在住の女性のかた。(詳しい紹介はあとのほうで)

f:id:cenecio:20160906115021j:plain

この本がパロル舎から出たのは2001年ですが、私が出会ったのはその10年後。

出会えてよかったな。これも日本経済新聞の記事のおかげでした。

記事は 今でも大切にとってあります。

f:id:cenecio:20160606170648j:plain

バスタブに魚、そして縁に立つ赤い服の少年。

バスタブ!?

なんなんだ、この世界は。 衝撃のあまり、すぐさま絵本を買い求めました。

新聞記事は原画を使っているから平らですが、同じ絵が絵本ではこうなります。

でも色がびっくりするほど深くて美しい。

f:id:cenecio:20160906120024j:plain

この「あめふらし」で、出久根育さんは2003年ブラティスラヴァ世界絵本原画展でグランプリを受賞しました。

上記の記事によると

・・・日本人によるグリム童話の「あめふらし」は審査員に強い印象を与えた。

 出久根はその時代の服装や意匠の質感、そして光線の加減までを自らの解釈で丁寧に描いただけではない。例えば湖をバスタブに、カラスの止まり木は衣裳のハンガーと、絵には物語を超えたファンタジーが宿る。まるで演劇の演出家のような独特の解釈と表現で、欧州の人たちは新鮮な驚きを持ってグリム童話を再発見した。

 

 さてお話ですが、ご存知でしょうか。いかにもグリムらしいちょっと残酷なお話なんです。

ものすごく気位が高くて、千里眼を持つ王女がいました。高い塔の12の窓からは、何でも見通せて、王女の目を逃れられるものなどこの世にありませんでした。

そろそろ婿を迎える年ごろです…つまり婚活ですね。自分と勝負して、姿を隠しおおせた者と結婚しよう、敗れた者は首をはねられ、杭に串刺しにしてさらし者にする、というのです。案の定、誰も成功しません。王女の眼から逃れられないのです。

あるとき三人の兄弟がやってきましたが、上の二人は運がなく、98番目、99番目の杭に突き刺されました。末の弟は、3回チャンスをくれ、三度目にしくじったら命はいらないから、と王女に頼みこみます。王女は、どうせ無駄なことよ、と憎まれ口をたたきながらも、見眼麗しい若者だったので、願いをきいてやります。

 

f:id:cenecio:20160906142926j:plain

このあと若者は森の中で三種類の生き物に出会います。

カラスを撃たないで助けてやります。絵がおもしろい。巣にワイヤーのハンガーがあるところや、若者がカラスの涙の粒を拾っているところ、くすっと笑ってしまいます。(カラスの巣にハンガーは他の国の人もわかるのかしら)

 

それから既に見ましたが、も助けてやります。

 

キツネも、ご恩がえしをしますから、と命乞いするので逃がしてやります。

f:id:cenecio:20160906143350j:plain

 

さて、若者はいよいよ姿を隠さねばなりません。どこへ隠れよう?

若者は助けてやったカラスに相談します。

すると自分の巣のなかにある卵のひとつに隠れればいい、とカラスは言いました。

 

 

ところが王女には、卵に隠れている若者が見えているのです。

家来に命じてカラスを撃たせ、卵を運ばせました。若者は中から出てくるしかありませんでした。

 

次に若者は魚に相談します。

すると自分の腹の中に隠れるよう、提案します。

f:id:cenecio:20160906144633j:plain

そうして魚は湖の底ふかく潜っていきました。

 

王女は見つけられるでしょうか。長いのでいったん切りますね。

 

 

続く

 

グリム童話のカラスの種類は何でしょうねえ。 

f:id:cenecio:20160912110559j:plain

 写真:近所の公園にいるハシボソガラス。

体は小さめで、おでこが出っ張っていないのが特徴です。

このときセミを食べていましたが、植物を好んで食べるそうです。