読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしとあそんで Play with me

f:id:cenecio:20160724183143p:plain

わたしとあそんで

文・絵: マリー・ホール・エッツ
訳: 与田 凖一
出版社: 福音館書店

発行日: 1968年08月



 

 

 つい3日前に同じ作家の「もりのなか」を扱いました。

cenecio.hateblo.jp

 

アメリカで1955年に出版された本です。

youtubeで英語読み聞かせを見つけて、ちょっと嬉しい。読んでもらうと私も絵に集中できるから。読んでもらうってこんなに贅沢なことだったんだな。

 

お話はあまりに単純で、ここにいちいち書いていたら、私は本当に間抜けな人ということになってしまいます。

エッツは「もりのなか」ではモノクロでしたが、今回はクリーム色と、女の子のブロンドの髪のために黄色をほんの少し使っていて、効果的だと思いました。

好きなところは、女の子の目、表情と、おひさま

目がくりくり、右へ左へ動きます。

体はじっとしたまま。

さっきは逃げていった動物や生き物が寄ってきます。

f:id:cenecio:20160724183805j:plain

f:id:cenecio:20160724183817j:plain

f:id:cenecio:20160724183824j:plain

f:id:cenecio:20160724183831j:plain

ああ わたしは いま、とっても うれしいの。

とびきり うれしいの。

なぜって、みんなが みんなが わたしと あそんでくれるんですもの。

エッツの幸せな幼年時代が見えるようです。

終わり