読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおかみと七ひきのこやぎ (グリム童話)

DER WOLF UND SIEBEN GEISSLEIN(Felix Hoffmann)

f:id:cenecio:20160720185730p:plain

 

f:id:cenecio:20160721125805p:plain

おおかみと七ひきのこやぎ

作: グリム童話
絵: フェリクス・ホフマン
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店

発行日: 1967年4月1日

 

みんな知っているお話しですが、どの挿絵画家のバージョンで読むかによって印象も違ってくると思います。

うちはこのスイスの画家ホフマン(Felix Hoffmann)。

2012年に原画展があったみたいで、こちらサイトが詳しい。参考までに。

book.asahi.com

 

f:id:cenecio:20160721130037p:plain

おかあさんが美人でおしゃれ。この絵だけでもう好きになります。

絵が好きかどうかはとても大切です。

お母さんは服を着て二足歩行なのに、7匹のこやぎたちは四足なんですよね。

f:id:cenecio:20160721130303p:plain

おおかみは声をきれいにするために、村の雑貨屋でチョーク(白墨?下に注あり)を買ってなめます。

f:id:cenecio:20160721130501p:plain

足を白くするために粉屋行きます。

そしてしろい足をこやぎたちに見せて、

「あけておくれ、こどもたち。おかあさんが かえってきたよ」

 

まんまとだまされたこやぎたち。

 

f:id:cenecio:20160721130420p:plain

こやぎたちは隠れようとしますが、6匹が食べられてしまいます。

7匹目、柱時計の箱のなかに隠れた子だけは見つからず、母親が帰ってくると一部始終を話します。(**椅子に注目してください。下に注あり)

f:id:cenecio:20160721125911p:plain

キュリオブックス 【Der Wolf und die sieben Geisslein】

母親は狼の腹からこやぎたちを助け出し、かわりに石を詰めて、再び腹を縫い合わせました。

狼は井戸に落ちておぼれ死んでしまいました。「おおかみ しんだ!おおかみ しんだ!」みなで井戸の回りをグルグルまわりながら、踊りました。

 

・・・という、とってもかわいそうなおおかみの話でした。

え、違うでしょ。狼は「悪」なんだから、悪を退治した勇敢なお母さん、母子家庭で、一人奮闘するお母さんの話でしょ。

どうしてもそうは思えない私。

本の裏表紙を見て、この一家のお父さんの写真が壁にかかっているのを見てもなおかつ・・・。

f:id:cenecio:20160721130217p:plain

 

f:id:cenecio:20160721130832p:plain

 <フェリクス・ホフマン>
1911年、スイス・アーラウ生まれ。75年没。バーゼル美術学校(スイス)で学んだ後、カールスルーエの州立美術学校(ドイツ)で木版とイラストレーションを学ぶ。石版印刷や銅板印刷の現場で経験を重ね、その後は美術教師をしながらスイス各地にフレスコ壁画やステンドグラスを、また本の挿絵や装丁の仕事を多く残した。壁画はアーラウ市の門、教会、小学校などに、ステンドグラスはアーラウ市庁舎、教会などで今も見ることができる。日本で出版された絵本は『ねむりひめ』(1963年、福音館書店)『おおかみと七ひきのこやぎ』(1967年、福音館書店)など多数ある。

*チョーク、といってもドイツ語Kreideは石灰質の土のことらしい。

www.zeit.de

こちらの新聞のコーナーで、ドイツ人がKreideを食べて、本当に声をきれいになるか実験している。が、別に変わらないようだ。

 

**椅子

うちのと同じタイプなので、ここ一番うけるところ!

f:id:cenecio:20160721135618j:plain

f:id:cenecio:20160721135625j:plain

座面の美しい模様がまだ少し残っています。