読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もりのなか In the forest

アメリカ

f:id:cenecio:20160720184217p:plainf:id:cenecio:20160721095705p:plain

もりのなか

作・絵: マリー・ホール・エッツ 
訳: まさき るりこ
出版社: 福音館書店

発行日: 1963年12月20日

 

マリー・ホール・エッツ (Marie Hall Ets)は1895年アメリカ ウィスコンシン州生まれ。動物と親しんだ幼少時代が、のちの作品に大きな影響をあたえているそうです。

シカゴでソーシャルワーカーとして働きました。「セシのポサダの日」(冨山房刊)でコルデコット賞受賞。「海のおばけオーリー」(岩波書店刊)などたくさんの作品を残して、1984年に亡くなりました。

 

「もりのなか」は、アメリカでは1944年に出版された本で、たちまち話題になりました。絵本といっても全ページ、モノクロなんですよね。表紙に色があるのでびっくりしました。

「ぼく」が森の中で動物たちと出会い、遊び、別れるまでが淡々と描かれます。

1945年に栄誉ある「コルデコット賞(Caldecott Medal)」、つまり優れた絵本に与えられる賞をもらうのですが、なんとこの人は生涯に合計で6回ももらっています。

 

おはなし

ぼくは紙の帽子をかぶり、新しいラッパをもって森の中へ散歩に行きます。

f:id:cenecio:20160721104601j:plain

ライオンは、まず髪をとかしてから王冠をかぶり、ぼくのあとについてきます。

次々に多くの動物たちがグループに加わります。ぞうやクマ、カンガルー。

f:id:cenecio:20160721104641j:plain

コウノトリまで。さるはすごくおしゃれですし。(説明すると無粋なので省略)

で、ウサギだけは内気でしゃべりません。(集団の中には当然そういう子もいるでしょ)。

ぼくはすべて自然に受け止め、全員の動物を受け入れます。

f:id:cenecio:20160721104708j:plain

f:id:cenecio:20160721104808j:plain

f:id:cenecio:20160721104816j:plain

 

 

「もういいかい」と目を開けると森には誰もいなくて、そのかわりにおとうさんが立っていました。

おとうさんが言います。

もう遅いから帰らなくちゃ。動物のみんなはまた今度まで待ってくれるよ。

f:id:cenecio:20160721104828j:plain

またこんど さんぽに きたとき、さがすからね!

 

これで終わりです。

あれ、ウサギはどこ?と一生懸命さがしたりします。

でも意味や解釈はいいのです。子供の空想の世界なのですから。

不思議の森で遊んだ読者も、親の声で現実に引き戻されて、それもまたホッとする場所です。

動物がみ~んな可愛い!

読後のふしぎな幸福感を言い表すことばを、私は持っていないのが残念です。

 

続きがあるんですってね。知りませんでした。

f:id:cenecio:20160720184503p:plain

 

おまけ

森の中、といえば思い出すこと。

以前アントウェルペン近郊の村で見つけた売り家の話をさせてください。

 歩いていると

f:id:cenecio:20160721120002j:plain

ああ、家を売り出したんだな。どんな家かのぞいてやろう。

野次馬根性まる出しです。

f:id:cenecio:20160721120020j:plain

ユニークな日本風邸宅、8160㎡!見当もつかない広さ。

それと「日本風」?どこが?

まあまあ、ツッコミはやめて。

覗いてみよう。

f:id:cenecio:20160721120017j:plain

森の中の一軒家。それにしても敷地が広い。

子供の遊び場、遊具もちらと見える。

あ、望遠レンズ持っていたっけ。

f:id:cenecio:20160721120024j:plain

でもやっぱりよく見えなかった。

うちに帰ってから不動産屋のHPへ行ってみたら、日本円にして一億円ちょっと、でした。高いのか安いのか、はたして買う人いるんだろうか…

そんなことを思ったある日の散歩でした。