読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好き! ヒゲ父さん Vater und Sohn

大好き!ヒゲ父さん―いたずらっ子に乾杯!

Vater und Sohn   Erich Ohser alias e.o.plauen (1903–1944).

f:id:cenecio:20160604142134p:plain f:id:cenecio:20160604142202p:plain

 

著者はプラウエン。本名はErich Ohserという。

主人公はこの二人、お父さんと子供。

笑ったりしんみりしたり、今読んでも古びていないので驚いてしまう。

 

f:id:cenecio:20160604142240p:plain

 文字はなく、話は明瞭。

5~6歳ならほとんどが理解できるだろう。

我が家の子どもたちに人気の本だった。

 

f:id:cenecio:20160606143231j:plain

おもしろいことにドイツ語初級に、

文法読本《父と息子》を読む (Deutsch für Anfänger Mit Bildergeschichten von Vater und Sohn)という教科書まで出た。白水社刊。持っているのでちょっと中をお見せすると。

 

第三話

f:id:cenecio:20160606144304j:plain

f:id:cenecio:20160606144318j:plain

18pの絵の説明が19pに書いてある。

 

 

 プラウエン

f:id:cenecio:20160606144643p:plain

妻 Marigard 1942

Foto: Erich Ohser-e.o.plauen Stiftung

 

巻末の著者紹介によると、プラウエンというのは故郷の町の名前で、それをペンネームにしたそうだ。ナチスの圧政に対して風刺漫画で攻撃したため、弾圧を受ける。新聞連載のコマ漫画「父と子」が大人気なのを、ナチスは利用しようと試みるが、断られる。すると反政府活動の要注意人物であるとして彼を逮捕する。

プラウエンは拘留された牢獄で、1944年自殺した。

 

連載最後のコマ漫画

f:id:cenecio:20160604142317p:plain

二人は天に消えてしまった。

何度見てもしんみりして、やりきれなくなる。

特に下のような写真をみると。

 

f:id:cenecio:20160606145056p:plain息子 Christian

 Foto: Erich Ohser-e.o.plauen Stiftung

(写真は勝手に載せているのであとで消えるかもしれません) 

終わり

 

 

 

f:id:cenecio:20160622230039j:plain

わたしの庭