読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎさん てつだって ほしいの MR. RABBIT AND THE LOVELY PRESENT

うさぎさんてつだってほしいの (1974/11/5)
シャーロット・ゾロトウ (著), モーリス・センダック (イラスト)

f:id:cenecio:20160620170019p:plain

モーリス・センダックといえば、すぐに『かいじゅうたちのいるところ』があがるかもしれません。

1962年発行の『うさぎさん~』では、センダックは絵を担当していますが、文にピッタリのすばらしいできばえです。可愛いうさぎなんか描きません。

センダックのうさぎは、存在感のある、カリスマ性といっていいような不思議な魅力を備えた、かっこいい男の人って感じ。ちょっとドキドキしちゃうような。

 

 モーリス・センダックの話題の本

f:id:cenecio:20160620170558p:plain f:id:cenecio:20160620170619p:plain

 

かっこいいおにいちゃんウサギ

女の子はお母さんの誕生日プレゼントに何をあげたらいいか、うさぎに相談します。

f:id:cenecio:20160620173914j:plain

うさぎは手伝ってあげます。

まずお母さんはが好き、そこで出てくるのが

・べにすずめ

・しょうぼうじどうしゃ

こうしたボケがこのあとの「お約束」となって、その突拍子もないアイデアを楽しみます。

結局りんごの木からりんごをもぎとります。

次はきいろ

・タクシー

・おひさま

・カナリア

・バター

 

f:id:cenecio:20160620173927j:plain

お母さんの好きなバナナにします。

その次にみどりいろ。

・エメラルド

・おうむ

・グリンピースとほうれんそう

・いもむし

f:id:cenecio:20160620173942j:plain

やはり果物でせいようなしに決めます。

でもほかにももっとほしい、と女の子は言います。

最後はあお

・みずうみ

・おほしさま

・サファイア

・あおいとり

 

f:id:cenecio:20160620174001j:plain

ぶどうに落ち着き、かごに果物を全部入れて、プレゼントのできあがり。

手伝ったうさぎは去っていきます。

f:id:cenecio:20160620174020j:plain

印象派風の絵がいい。

ドキッとするうさぎの姿態もいい。(特に③)

いつか英語版でゆっくり読んでみたい本。

うさぎの声も想像しながら。

 

モーリス・センダック(Maurice Sendak, 1928 - 2012)

絵については、ランドルフ・コールデコット(Randolph Caldecott, 1846- 1886)に憧れていたという。

また自分にとっての「神」は三人いる。

メルヴィル、エミリー・ディキンソン、モーツァルトだ。(ウィキペディアより)

"My gods are Herman Melville, Emily Dickinson, Mozart. I believe in them with all my heart."

(終わり)

f:id:cenecio:20160620181746j:plain

写真:うちのアジサイ。取り壊した隣家から、夜、救出してきたアジサイ。翌日にはショベルカーでつぶされる運命だった。一輪しか花をつけなかったけれど、感慨深くてずうっと見ていたくなる。