読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はる なつ あき ふゆ SEASONS John Burningham

イギリス

f:id:cenecio:20160609145207p:plain

ほるぷ出版1985年の本です。

子供たちに四季の美しさ、自然の恵みやきびしさを教えてくれます。

はるに なったら

ほら すを つくる とり

どろんこで あそぶ ぶた

とびはねる ひつじ

f:id:cenecio:20160609150338j:plain

このように始まります。

イギリスで1969年に出た絵本ですから、日本のしかも都会に住む子どもたちには馴染みのない風景が広がります。でも絵の迫力に引き込まれていきます。

 

そこにきていきなり

f:id:cenecio:20160609145857j:plain

右ページがポスター状に広がります。

バーニンガムのおおらかな自然の中に入りこみます。

 

なつに なったら / きいろく みのる むぎ

f:id:cenecio:20160609153532j:plain

みんなの なつやすみ / とんでくる たくさんの むし

f:id:cenecio:20160609150246j:plain

やはりここでも夏のポスターがおでましです。

 

あき ふゆと季節は進みます。

こおりと ゆき / そのあと ふりつづく あめ

f:id:cenecio:20160609150746j:plain

でもこれで終わりじゃないんです。

 

でも ほら すぐに

やさしい はるが……

小鳥のヒナたちが口をあけている絵が描かれています。

 

どの絵も発想が独特で自由で、誰にも真似できない世界です。

虫と戦う夏のお父さんがユーモラスで好きです。

その前の絵、家族でのんびり夏の日を楽しんでいるところもいい。人間賛歌ですね。

 

ジョン・バーニンガム

1936年イギリスのサリー州に生まれる。若いころは、兵役を拒否し、さまざまな仕事をしながら世界中をまわった。その後、ロンドンにある美術学校に通いながらイラストの勉強をし、ポスターなどを描いていたが、はじめて手がけた絵本『ボルカはねなしガチョウのぼうけん』でケイト・グリーナウェイ賞を受賞、絵本作家として鮮烈にデビューした。その後『ガンピーさんのふなあそび』で再度受賞し、この賞を2度受賞したはじめてのイラストレーターとなる。『ガンピーさんのドライブ』『おじいちゃん』『ねんころりん』『旅するベッド』『エドワルド せかいでいちばんおぞましいおとこのこ』など多数の作品を発表しており、いま、世界で最も注目されている絵本作家のひとり。夫人は著名な絵本作家であるヘレン・オクセンバリー。

 (絵本ナビから抜粋)

http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=623 

 

他の作品は読んだことがないのですが、谷川俊太郎さんが何冊も訳しています。

今度図書館でのぞいてみよう。

f:id:cenecio:20160609153926p:plain

Children's author John Burningham at home in north London. Photo: Maria Spann

http://www.telegraph.co.uk/lifestyle/10160052/Inside-John-Burninghams-world.html

 

 

追記

さぴこさんから教えてもらいました。

f:id:cenecio:20160619074651p:plain

 

 「ふしぎの国のアリス」 作 ルイス・キャロル 絵 ヘレン・オクセンバリー 訳 中村妙子

f:id:cenecio:20160619075028p:plain

www.hikochan.co.jp