読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ みんな ついておいで! Goat's Trail 

イギリス

ブライアン・ワイルドスミスの楽しい穴あき絵本

 

f:id:cenecio:20160612173910j:plain

日本語版のタイトルは、原題Goat's Trailとは違いますが、中身をうまく言い当てています。やぎが山からふもとの町へ降りていく途中、だんだんに仲間を増やしていく話ですから。

 

著者ブライアン・ワイルドスミスはイギリスの絵本画家で、 代表作は『マザーグース』。

f:id:cenecio:20160615060351p:plain

 

「色彩の魔術師」と呼ばれています。まあ、穴あき絵本の表紙の荷車、どうです?あんなに多色の荷車、見たことがありません。

水彩やグワッシュ、パステル、コラージュなど、様々な技法を駆使します。

 

静岡県に「伊豆高原 ワイルドスミス絵本美術館」もあるくらいで、日本にもファンが多い作家です。この絵本は1986年に太平社から出ました。

 

穴あき絵本

 

いっとうのやぎが、ふもとから聞こえてくるすてきな音楽に誘われて山を駆け下ります。

さあ、みんな ぼくについておいで。

途中であった動物をつれて、だんだんと大所帯になっていきます。

f:id:cenecio:20160603174452j:plain

ページの中央に穴があいていて、向こうの風景がチラと見えるしかけになっています。

羊飼いが寝ているのをいいことに5匹の羊がついてきました。

綱でつながれている牛も連れていきます。

f:id:cenecio:20160603174456j:plain

ぶたやろばも仲間になります。

いよいよ音のする所が近づきました。

f:id:cenecio:20160603174500j:plain

 そこはコンサートホールでした。

 

f:id:cenecio:20160603174504j:plain

動物が中に駆け込むと大騒ぎです。音楽隊の隊長に怒られて追い払われます。

そのあと、こどもたちのいる教室を邪魔します。

そのとき家畜の動物の飼い主も追いついてきました。

 

さあ、みんな ぼくについておいで。

f:id:cenecio:20160606134432j:plain

f:id:cenecio:20160606134454j:plain

やぎは山に帰っていきましたとさ。

 

とまあ、それだけの話なんですが、色を楽しみ、細部を楽しみ、穴から向こうをのぞいたりして、何度も楽しめます。