読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わにくん Krokodil, Krokodil

ドイツ

恐ろしく美しい本。

ビネッテ・シュレーダー 、恐るべし!

f:id:cenecio:20160604083706p:plain

作: ペーター・ニクル Peter Nickl
絵: ビネッテ・シュレーダー Binette Schroeder
訳: 矢川 澄子
出版社: 偕成社

 

おしゃれで気品あるシュールさに満ちた、そしてあちこちに目くばせとアイロニーがいっぱいの楽しくて、ちょっと毒のある絵本、思い出深い本です。

 

まずはどんな人が絵を描いているか、興味しんしんでしょう?

 

挿絵画家 ビネッテ・シュレーダー(1939年ー)

ドイツ出身で、スイスのバーゼルにある実業学校で、商業美術及び石版印刷を学ぶ。1969年、30歳ではじめての絵本「お友だちのほしかったルピナスさん」を発表。以来、「こんにちはトラクター・マクスくん」や「ぞうさんレレブム」「ラウラのふしぎなたまご」などを世に送り出す。

夫のペーター・ニクルと共同で、「ラ・タ・タ・タム」「ほらふき男爵の冒険」等の絵本を上梓した。

ブラティスラヴァ世界絵本原画展では“金のりんご賞”を受賞、他にドイツ児童図書賞、夫婦共作の「わにくん」では“スイスの最も美しい本賞”とライプチヒ図書展の“世界で最も美しい本賞”を受賞。

 

わにくんはナイル川のほとりに住んでいる。

f:id:cenecio:20160606110832j:plain

蓮の花を一輪、足で摘み取り、優雅に構えています。

あるとき、スフィンクス見物に来たご婦人から、パリにわにの店があることを聞き知ります。「まあ すてき、わにの みせに つれていきたいこと!」とご婦人が言ったのです。 (矢川 澄子訳)


好奇心の強いわには、その店を訪ねる決心をします。

船に乗り、それから下の伯爵のヨットに乗せてもらいます。

左端にも小さいですが、別のわにが見えますね。

f:id:cenecio:20160606111552j:plain

そのあと汽車に乗ります。汽車の腹に Marseille - Paris と書いてあります。


わにはシャンゼリゼの街角で、カフェに入り、ちょっと休みます。

f:id:cenecio:20160606111930j:plain

なぜか人間どもは、ぐったりとだらしなく眠り込んでいます。

わには気取ってコーヒーを注文し、飲みます。

そのあと

f:id:cenecio:20160604085601j:plain

シャンゼリゼ大通りを凱旋門に向かって歩いていきます。

通りには火のついたタバコやら新聞やら傘などのゴミが捨てられています。

人間はおびえて隠れています。わには

「しゃなり しゃなり きどった あしどりで おおどおりを ひやかしあるき。

やがて うわさに きいた その わにのみせに ゆきついた」(矢川 澄子訳)

 

そこで見たものは…!!!

ここでやめておきます。びっくりの結末です。ぜひご自身でどうぞ。


チェコで切手にもなっています。1989年ブラティスラヴァで受賞した記念でしょうか。

f:id:cenecio:20160604084356p:plain

ビネッテ・シュレーダー

 

f:id:cenecio:20160604084512p:plain

Binette Schroeder (Open Library)

f:id:cenecio:20160604084647p:plain

Internationale Jugendbibliothek - Schulen

 

絵の緻密さと色遣いの妙にはまり、すぐに別の作品も読みたいと思ってしまいます。