読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹伝説The Rainbow Goblins と 高中正義

日本 そのほか

美しくも衝撃的な絵本『虹伝説』

開くやいなや、めくるめく彩色の世界に絡めとられてしまう絵本。

 虹を食べる七人の鬼(ゴブリン)」の話です。

f:id:cenecio:20160529174846p:plain

私が持っているのは、

虹伝説

ウル デ・リコ (著), 津山 紘一 (翻訳)

1981年2月25日初版 小学館です。

 

まず開くや

 

f:id:cenecio:20160817102233j:plain

見返しのマーブル模様!!

色の過多に正直、一瞬ひるみます。なに、これ!

 

f:id:cenecio:20160817102403j:plain

子供たちも始めはゴブリンをちょっと怖がりました。

 

でも、すぐに不思議の世界に引き込まれていきました。

あらすじは書きません。絵を3枚ほど。

f:id:cenecio:20160817102507j:plain

翌日は「できたての虹」が食べられるので、楽しみでしょうがないゴブリンたち。

夢を見ながら眠っているところ。

f:id:cenecio:20160817102737j:plain

虹が生まれる谷に着きました。

 

f:id:cenecio:20160817102805j:plain

さて、虹を捕まえようと投げ縄を投げました。

うまく捕まえられるでしょうか。

読んでのお楽しみ!とにかく絵の美しさに最後まで圧倒されます。

 

著者紹介。これもまた超おしゃれ!

f:id:cenecio:20160817102916j:plain

最後のページです。

なんという気品!伯爵ですって。

本名はUlderico Gropplero di Troppenburg。1944年イタリアのウーディネ生まれ、ミュンヘンのアカデミーで学び、以来そこで暮らし、活動しているようです。

 

 最近のお顔。下のサイトから勝手にお借りしてきました。

f:id:cenecio:20160530113136p:plain

http://adammcdaniel.com/RichardAmsel_News_OtherNews1.html

 

続きのお話もあります。Amazonのサイトから引用します。

f:id:cenecio:20160529175142p:plain

 15年前に発表されたウル・デ・リコの世界的ベストセラー絵本「虹伝説」は、虹を吸いつくす七色の鬼たちが、自然の報復を受けて滅び、自然界に平和が戻るまでを色彩豊かな絵で表現し、人気を博した。この絵本をモチーフにした高中正義のアルバムも発売され、大きな話題を呼んだ。 続編の「白い虹の伝説」では、ひとり残された白い鬼が、地下世界に住む鬼たちを地上に導き、自然界の色という色を搾取して都市に変え、その結果、地球上から自然の色が消えてしまう。自然界に再び色を戻すためには何をしたらいいのか、という非常に現代的なテーマになっている。子供だけでなく大人も、楽しみながら考えさせられるこの絵本も、世界各国で翻訳出版されている。前作同様、高中正義が作曲し、メディアミックス的な展開を考えている。

Amazon CAPTCHA

 

私は高中正義さんの二枚組LPも自分で買って持っていたのですが、どうも紛失したか誰かのところにあるらしく、見つかりません。

 ちょっとiTunesから解説をコピペしてきました。

f:id:cenecio:20160530124212p:plain

f:id:cenecio:20160530124233p:plain

 

 

 音楽を聴きながら、虹伝説、楽しんでみるのもいいですね。

 大きな図書館なら置いてあるはずです。ただ分類は児童書ではなく、芸術・美術コーナーだと思います。