読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ みんな ついておいで! Goat's Trail 

ブライアン・ワイルドスミスの楽しい穴あき絵本 日本語版のタイトルは、原題Goat's Trailとは違いますが、中身をうまく言い当てています。やぎが山からふもとの町へ降りていく途中、だんだんに仲間を増やしていく話ですから。 著者ブライアン・ワイルドスミ…

地球の用事 まどみちお 

104歳でなくなった まどみちお (1909 - 2014年)。 「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」など、日本人の子供時代と強く結びついている詩人です。 地球の用事 まど みちお ビーズつなぎの 手から おちた 赤い ビーズ 指さきから ひざへ ひざから ざぶとんへ …

わにくん Krokodil, Krokodil

恐ろしく美しい本。 ビネッテ・シュレーダー 、恐るべし! 作: ペーター・ニクル Peter Nickl絵: ビネッテ・シュレーダー Binette Schroeder訳: 矢川 澄子出版社: 偕成社 おしゃれで気品あるシュールさに満ちた、そしてあちこちに目くばせとアイロニーが…

葉っぱのきもち Alle meine Blätter

葉っぱのきもち – 1989/12ヨゼフ ・グッゲンモース Josef Guggenmos (著), イルムガルト・ ルフト Irmgard Lucht (イラスト) ひらのきょうこ(訳) 1971年ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。 扉にこう書いてあります。 さかなになるような葉をあつめ…

てぶくろ ウクライナ民話 The Mitten

みんな大好きな「てぶくろ」。 世界傑作絵本シリーズ 福音館書店 てぶくろウクライナ民話 エウゲーニー・M・ラチョフ絵 /内田莉莎子訳 1965年発行のものです。 もちろん私は小さいころ、ウクライナなんてどこにあるかなんて知りませんでしたけど。ただ表紙…

もしぼくがシロクマだったら Polar Bear Cat

もとはイギリスの絵本でCopycatsシリーズの「シロクマ猫」。 1984年に出るとすぐに仏訳されました。当時フランスに住んでおり、翌年には長男が生まれたから、その子の初めての絵本となりました。 Nicola Bayleyの絵が気に入っています。 猫の空想の世界です…

長ぐつをはいたねこ ハンス・フィッシャー Hans Fischer

シャルル・ペロー原作の童話「長ぐつをはいたねこ」には、いろいろな挿絵画家が絵を入れていますが、我が家はこれ。ハンス・フィッシャーのファンです。 上は絵本の扉のページをコピーしたものです。 軽妙なユーモアたっぷりの猫の動きがたまりません。 長靴…

お風呂絵本 -waterproof books / Livres bain-

これだって本と呼んでいいですよね。 長男はフランスで生まれたのですが、6カ月くらいのころ、お風呂絵本をいただきました。不思議なことに、30年以上も前のものだというのに全くいたんでいません。 絵本といっても、絵と単語だけの極めてシンプルなものです…

ゆきがやんだら 酒井駒子  Komako Sakai

酒井さんはどれもすばらしいのですが、今回はこちら。 (学研) とても有名なのでなにも解説はいりませんね。 もしまだお読みでなく、お子さんと一緒に、というかたのために内容には触れないでおきましょう。 ただひとつ、外出の服装、びっくりしますよ。 あ…

チェコ好きのきっかけはチャペック兄弟 -Josef Čapek-

前回に続いてまたチェコです。 カレル・チャペックとの出会いは 岩波書店の 長い長いお医者さんの話カレル・チャペック 作中野 好夫 訳 「郵便屋さんの話」が大好きでした。挿絵もすごくよくて、当時は知らなかったけれど、今はそれが兄のヨゼフ・チャペック…

チェコ好きの人はみんな持ってる本 ダーシェンカ -Karel Čapek-

わたしの『ダーシェンカ』(写真左)はSEG出版1995年初版のものです。 カレル・チャペック(文・絵・写真)保川亜矢子(訳)。 初版は1933年で、本国チェコでは何度も版を重ねた超人気本です。 右側:1934年版のレイアウト・装丁がカレル・タイゲのもの。 と…

虹伝説The Rainbow Goblins と 高中正義

美しくも衝撃的な絵本『虹伝説』 開くやいなや、めくるめく彩色の世界に絡めとられてしまう絵本。 虹を食べる七人の鬼(ゴブリン)」の話です。 私が持っているのは、 虹伝説 ウル デ・リコ (著), 津山 紘一 (翻訳) 1981年2月25日初版 小学館です。 まず開く…

カロリーヌの眩しさ フランスの宝物

カロリーヌちゃん 永遠のアイドルです、わがやにとっては。 若いみなさんにとっては 「カロリーヌとゆかいな8ひき」シリーズでしょうか。 うちにあるのは、1998年発行、シリーズの『カロリーヌのゆきあそび』BL出版 見開きも楽しい! 他にも1984年フランス…