読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お風呂絵本 -waterproof books / Livres bain-

これだって本と呼んでいいですよね。 長男はフランスで生まれたのですが、6カ月くらいのころ、お風呂絵本をいただきました。不思議なことに、30年以上も前のものだというのに全くいたんでいません。 絵本といっても、絵と単語だけの極めてシンプルなものです…

ゆきがやんだら 酒井駒子  Komako Sakai

酒井さんはどれもすばらしいのですが、今回はこちら。 (学研) とても有名なのでなにも解説はいりませんね。 もしまだお読みでなく、お子さんと一緒に、というかたのために内容には触れないでおきましょう。 ただひとつ、外出の服装、びっくりしますよ。 あ…

チェコ好きのきっかけはチャペック兄弟 -Josef Čapek-

前回に続いてまたチェコです。 カレル・チャペックとの出会いは 岩波書店の 長い長いお医者さんの話カレル・チャペック 作中野 好夫 訳 「郵便屋さんの話」が大好きでした。挿絵もすごくよくて、当時は知らなかったけれど、今はそれが兄のヨゼフ・チャペック…

チェコ好きの人はみんな持ってる本 ダーシェンカ -Karel Čapek-

わたしの『ダーシェンカ』(写真左)はSEG出版1995年初版のものです。 カレル・チャペック(文・絵・写真)保川亜矢子(訳)。 初版は1933年で、本国チェコでは何度も版を重ねた超人気本です。 右側:1934年版のレイアウト・装丁がカレル・タイゲのもの。 と…

虹伝説The Rainbow Goblins と 高中正義

美しくも衝撃的な絵本『虹伝説』 開くやいなや、めくるめく彩色の世界に絡めとられてしまう絵本。 虹を食べる七人の鬼(ゴブリン)」の話です。 私が持っているのは、 虹伝説 ウル デ・リコ (著), 津山 紘一 (翻訳) 1981年2月25日初版 小学館です。 まず開く…

カロリーヌの眩しさ フランスの宝物

カロリーヌちゃん 永遠のアイドルです、わがやにとっては。 左の本 昭和46年発行 小学館 オールカラー版 世界の童話 35 カロリーヌのぼうけん 390円 えとぶん ピエール=プロブスト ぶん 土屋由岐雄・福島のり子 右は現代版です。 といっても1998年発行 「カ…